2015/12/20 16:07:20 | pwm

子供が好きだから保育士になりたい、そういった希望を持つ方はきっといらっしゃるのではないでしょうか。保育士になる動機として子供が好きというのは決して悪い事ではありません。むしろ素敵な事だと言えるのではないでしょうか。
しかし、実際に仕事になってくると、子供が好きなだけでは続ける事ができないという事も十分にあります。というよりも、子供が好きであるという事は大前提で、それにプラスして色々な問題が重なってくるものだと知っておく必要があるでしょう。子供が好きだからきっと大丈夫、そんな甘い気持ちで保育士になってしまうと、少し後悔をしてしまうかもしれません。
まず保育士という仕事の賃金はとても低く、社会的にも問題になっています。そのため、資格はとったものの、実際には働いていないという方も多いのです。具体的な数字を出すとすれば、もちろん多少の差はあるものの都内でも手取りで13万円程度と考えておいた方が良いです。都内で女性が独り暮らしするとなると、オートロックで二階以上を望めば少なくとも6万円は家賃を考える必要があります。
また子供の体力は底なしで、また病気になりやすく風邪をよく運んできます。体力などに自信があり身体が強くないと、続ける事は難しいというのも知っておきましょう。

2015/11/29 16:08:29 | pwm

保育士の就職や転職を成功させる為には何が必要なのか?これは難しく考えると、転職に関するノウハウを熟知する事が必要と言えますが、簡単に考えると求人広告をいかに発見出来るのか、これが重要です。
保育士の求人広告は至るところで見つけることが出来ますよね。保育士の就職や転職の成功って、人によって何を達成する事が成功なのか違いがあります。人によっては一定の待遇を確保することが成功ですし、人によっては近所で働き場所を見つけることが成功だったりします。保育士の就職や転職を成功させたいなら、まずはしっかりと何を持って成功となるのか、その具体的な内容を考える事から始めるのが良いですね。
保育士として働く条件などを考えると、理想はある程度固まってきます。ここをしっかりと固めることが出来ると、次にやるべき事はそれを満たせる保育士の求人広告を見つける事です。この作業で妥協をするほど、就職や転職は失敗に終わりやすいです。逆に理想が叶う保育士求人を探しだす事が出来るほど成功に近づきます。求人広告さえ見つける事が出来れば、後は面接が勝負のポイントです。
どうすれば保育士の転職や就職が成功するのか悩むなら、上記を参考にしてみてくださいね。

2015/11/09 16:28:09 | pwm

いざ、保育士の求人を見つけようとハローワークに出向いても、なかなか自分の条件に合った職場が見つからないことも多々あります。そんな時には、「保育士専門の求人サイト」を当たってみるのも得策かもしれません。
かくいう私も、結婚のために違う土地に来て就職活動をした一人で、初めはなかなか条件に合う職場が見つからず、悪戦苦闘した経験があります。保育士の資格を取得したときは、専門の学校を卒業したばかりだったので学校側が求人情報を持っておりスムーズに就職することができましたが、一度退職して新たな職場を探そうと思うと、なかなか難しい現実にぶち当たってしまいます。
私の場合、初めはやはりハローワークに通っていましたが、なかなか良い求人に巡り合えずにいました。就職活動に少し焦りも見えてきたころ、ふと見つけた「保育士専門の求人サイト」に登録してみたことがきっかけで、今の職場に就職できたというわけです。
ちなみに、私は横浜に住んでいるのですが、保育士求人横浜がとても多かったです。
そういったサイトがなぜおすすめなのか。それは、保育士の求人というのは正規で雇われる職員だけでない、というところが大きいと思います。サイトに登録し就職した保育士さんの中にも、正規の職員のように担任業務をする方もいますが、「派遣社員」としてその園に来ている保育士さんもけっこう多い気がします。また、「保育士」専門で求人を集めているので、非常に効率よく紹介してもらえるという利点もあるのです。

2015/10/27 16:19:27 | pwm

保育士試験の合格を目指している人は、効率的に学習する方法を身につけることが大切です。やみくもに勉強を進めていこうとしても、なかなか必要な知識をマスターすることはできません。保育士として働くために必要な知識と、試験に合格するために求められる知識との間は、必ずしも一致しているわけではないのです。試験で出題されやすい知識を、しっかりと覚えていくようにしなければなりません。

 

保育士試験は、通信教育を利用すると効率的に勉強することができます。通信教育であれば、仕事などで忙しい人でも勉強しやすいメリットがあります。資格試験の合格を目指す場合、一度に多くの勉強をするよりも、毎日少しずつ継続して勉強する方が望ましいのです。通信教育で、自分が苦手だと感じている部分を重点的に学んでいくと、必要な知識を習得しやすくなります。

 

保育士試験の試験日まで余裕がある時期は、しっかりとテキストを読むことに時間を使うことが大切です。しかし、試験日が近づいてきたら、問題を解くことに力を入れていくようにしなければなりません。身につけた知識を、試験を受ける際にきちんと使いこなすことができなければ、どれだけ勉強しても意味がないのです。

2015/10/23 15:49:23 | pwm

保育士として勤務する場合は、一般のサラリーマンのように休暇が無いので、あまりプライベートを重視した生活を送れない事を考えておきます。
基本的にどの保育園でも日曜日を除いては開園していますので、年末年始などの休業日を除いて多く休みを取れたとしても1ヶ月に4日程度が基本なので、長期的な休みを取得して旅行などは期待できない事を考えておいた方が良いです。
職場では子供の世話をする事によって、女性の場合は衛生などの理由で派手なメイクをしたり、ネイルをする事は禁止されている事が原則です。
子供の教育に支障を与える事を考えて、派手な染髪は禁止されている保育園が殆どです。職場では基本的に派手なファッションなどが出来ないので、現場で相応しい身だしなみに大丈夫である人が保育士に向いていると言えます。
給料に関して私立の保育園で働く場合は、手取りでも多くて15万円程度である事で、仕事が厳しい割には見合った給料が貰えない事を頭に入れておきます。保育園の業務が終了しても後処理などの作業が残っている事を考えて、少なくとも1時間の残業になる可能性が高いです。園内で残業をしても仕事が終わらない場合、明日までに残った仕事を自宅に持ち帰って行う保育士もいます。

2015/10/21 16:21:21 | pwm

保育士を目指す理由の多くが、子どもが好きだからというものであるのは当然ですが、それだけでは子供の保育を続けていくことは難しいようです。保育士養成機関を卒業する人は毎年多くいるのですが、実際に保育士の仕事を長く続けていける人は少ないものです。動き回る子供の安全を確保しながら働いていくのはかなり体の負担がかかります。仕事として長く続けるためには体力や健康といった面に配慮していくことも重要になるのです。
また、保育というものも質が変化してきています。単に預かるという事だけではなく、教育的な指導という事もプラスされるようになってきているのです。場合によっては英会話や音楽などを教える必要も出てくるでしょう。それに対応できるようなマルチな技能を持っていることもこれからの保育士にとっては必要なことになっていきます。
こういった能力はすぐに身に付くものではありません。指導できるレベルとなればなおさらです。これから保育士を目指そうという方は、こうしたことを考えて必要な能力を計画的に身に付けていく必要があるのです。もちろん子どもと直接かかわることが出来る仕事はやりがいがあります。その仕事を長く続けていけるように、自分自身の健康に配慮し、内面についても磨いていく必要があるといえるでしょう。

2015/10/19 18:47:19 | pwm

みなさんは保育士の仕事というのをどういう仕事だと思ってますでしょうか?
きっと多くの方は保育士の仕事というのは大変で子供が好きでないとやる価値がない仕事だと思っていると思います。

 

確かに保育士の仕事は決して楽な仕事ではないです。ですが、やる価値がないかというとそんな事は決してないです。

 

それはどういった点でそうかというと、保育士の仕事というのは確かに子供が好きな人がやるに越した事はないですが必ずしも子供が好きな人だけがやる仕事ではなく仕事と割り切ってやればそれなりにやる価値があるからです。

 

その理由は簡単で保育士は常に人が足りない状況で今後もそれに変化はないからです。
ですから保育士として働いていて途中で結婚を機会に辞めた場合でもすぐにまた保育士として復帰できるという強みがあります。

 

なのでこれまで保育士になってもそれほど大きなメリットがないと思っていたという方はぜひ
一度保育士になる事も検討して欲しいと思います。

 

それくらい保育士は就職にとても有利で職探しに困らない魅力的な職業です。
なので自分はそれほど子供が好きではないという方でも職に困らない仕事をしたいと
思うなら保育士を目指すのも良いと思います。